スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ソウルシルバー 到着!  だが開封するべきか・・!

昨日姉ちゃんが帰ってきました。 

それに伴い、ポケットモンスター・ソウルシルバー が届きました。


なんか金銀両方予約すると特典が貰えるとのことで、姉ちゃんが主の分まで買ってくれたんです!!





って喜んでる場合ではない。



現在の主の状況考えたら、 開封 = 死  である。



来週から本格的に実験室に引きこもり、家では課題+就活サイトカチカチ。(時々YO)
あと英語の勉強などなど・・・。




結論:    ムリ。 \(・▽・)/




とてもポケモンのような作業ゲーやる時間などありませぬ。  個体値の選別とかもっとムリ。




ただ・・・。 現在マクドナルドにてミュウが配信されてます。


なので仕方なく開封。 &隣町まで進める。


続きはいつになるやら・・。




ウイイレの小ネタ

昨日ウクライナと対戦してたときのこと。

前半20分までにシェフチェンコに3点決められました。orz

でも後半で3点決めて追いつき、延長戦突入。

迎えた延長戦、シェフチェンコの本日4点目。


たまにこういう日あります。orz  ディフェンスが超ザル化してました。orz


そしてコンマイ!!   現実ではできない動きを選手にやらすの止めてください。orz

スポンサーサイト

リバの遊戯王ゲーム パート2 (PSマニアック編)

昨日に引き続き、遊戯王ゲームについて書いちゃいます。

今日はかなり特殊な 「真・デュエルモンスターズ」

をマニアック路線でひたすら話ちゃうぜい!!!




~遊戯王 真デュエルモンスターズ 封印されし記憶~

概要
ハードはプレステで、ポケットステーションに対応している。
付録カードは、 メタルデビルゾア レッドアイズブラックメタルドラゴン メタル化魔法反射装甲
          デビルゾア ハーピィズペットドラゴン  の5種から3枚。
攻略本の付録カードは、 カオス黒魔術の儀式
ゲームモードは、 キャンペーン(ストーリーモード) フリーデュエル 図書館 パスワード
カード図書館は今まで手に入れたカードを3Dグラフィックとともに閲覧できる。


このゲームのいいところ
・素晴らしいBGMが多数ある!!
・スピード感、爽快感のあるデュエルができる!
・融合など各種演出がGOOD!!

またYOで使われている効果音には、このゲーム由来のものが多い。
一度ニコ動等で動画見てみてはいかがでしょうか??



ストーリー
舞台は古代エジプトがメインで、途中に現代に来る場面もある。
主人公は古代エジプトの王(闇遊戯)。 夜な夜なカードで遊ぶために王宮を飛び出し、
「ジョーノ」や「アンズ」とデュエルをする困りもの。(ジョーノらは彼が王様であることを知らない。)
そんな最中、大神官のヘイシーンが闇の力を手に入れ、反乱を起こす。
王子は千年パズルを砕いて、自らをパズルに封印し、難を逃れる。

舞台は現代の東京ドームにうつり、海馬コーポレーション主催の世界大会に「遊戯」として挑む。
大会に参加していたシャーディーの力で、遊戯は王子と初対面する。
そして、遊戯の中の「王子」は、彼に千年アイテムを集めるように頼む。
千年アイテムの所持者を全員倒し、集めた千年アイテムによって王子は元の時代に帰る。

再び古代エジプトにもどるのだが、そこはヘイシーンが支配する闇の世界で、建物などは破壊され荒れ果てた様子。 王子は敵の大神官らの魔力の源である千年アイテムを奪うために、神殿のありかが記されている王家の谷を訪れる。 王家の谷の奥深くにある封印の遺跡には各神殿の位置が記されていたが、敵の神官セトが現れた。しかし彼は王子を試すように「千年アイテムを集めてみろ」といい、その場を去った。
神殿の場所が分かった王子は各神殿の大神官を倒し、最後の砦”巨大神殿”でヘイシーンに挑む。
そして全ての千年アイテムが揃うと、今まで協力してたかに見えたセトが、「再び封印の遺跡へ向かうぞ」といいだす。 セトは古代の神官族の末えいで、封印の遺跡の真の秘密を知っていた。
千年アイテムを賭けて戦い、セトを倒すが、ヘイシーンが現れ千年アイテムを奪われる。
そしてヘイシーンは「闇の契約」をし、カード魔人が現れる。
しかし、カード魔人はヘイシーンを主とは認めず、彼をカードにして燃やした。
そして世界の運命を賭け、王子はカード魔人との戦いに挑む。



デュエルのルール
ライフポイントは8000。 デッキは40枚。 ここまでは同じです。
しかし、その他全てが特殊です。

まず、このゲームには生贄と効果がありません。
早い話が、原作の王国編です。ブルーアイズを手札からいきなり出せちゃいます。

また1ターンに場に出せるカードは1枚
つまり魔法を発動したり伏せたりすると、そのターンはモンスターが出せません。

そして最大の特徴がドローです。 このゲームは手札が5枚と固定されており、ターンの始めに
手札が5枚になるようにドローします。 これによりデュエルがより高速化します。

罠カードは攻撃等がトリガーとなり、自動で発動。 攻撃するときはザコモンスターから攻撃しましょう。



複数出し
このゲームの攻略に必須のテクニックです。 これがないと序盤で詰みます。
”複数出し”とは手札のカードを順番に選んで行き、選択終了後に番号の若い順からかけ合わせることです。
これにより「融合」や「強化」を行います。

例えば、手札に「炎の剣士」と「サラマンドラ」があるとします。
この時、炎の剣士を①、サラマンドラを② と選択し、残りのカードには触れずに決定すると、
炎の剣士にサラマンドラが合わさり、強化されます。 そしてこのターンでは2枚のカードが消費されたので、次のドローでは2枚引くことになります。

融合も同じように行います。 またこのゲームの融合パターンはかなり多いので、モンスターを「種族」の枠で捉えることが重要です。

例) ①異次元の戦士(戦士) + ②炎を操る者(火) + ③セイントバード(鳥)
   まず①+②で「炎の剣士」ができます。 炎の剣士は(火)と(戦士)の属性を持ちます。
   そこに(鳥)をかけると、紅陽鳥(火、鳥)ができます。

融合の完成体は種族の他に攻撃力に影響を受けます。
完成体は材料よりも必ず攻撃力の高いものが生まれます。
しかし融合においては「中間体」の攻撃力を把握する必要があります。

中間体の例 ~双頭のサンダードラゴン~
双頭のサンダードラゴンは(雷+竜)なので、カンタンかつ応用が利き、中盤までの最重要モンスターです。 しかし、雷と竜をただかけ合わせただけでは、双頭は生まれません。
中間体として「サンダードラゴン」がいるのです。
つまり、材料となる2体が両方とも攻撃力1550以下なら、サンダードラゴンが、
どちらか一方でも1600以上なら、双頭が生まれます。

この中間体を回避するテクニックも重要です。
例)①岩系 ②竜系 ③雷系
まず①+②で「ストーンドラゴン:ATK2000」が生まれ、そこに雷を加えることで双頭になります。
もし、①竜 ②雷 ③岩 なら、サンダードラゴン+岩=ストーンドラゴンとなってしまいます。
融合では順番がかなり重要なので、頭が柔らかくなると思いますw


~オマケ 5体融合~
①水 ②竜 ③水 ④亀 ⑤雷

水+竜 →スパイクシードラ(海竜)
+水   →リバイアサン(海竜上位)
+亀   →シーキングドラゴン(さらに海竜上位)
+雷   →双頭のサンダードラゴン


序盤~中盤で使える融合モンスター例
双頭のサンダードラゴン(竜+雷) 中間体「サンダードラゴン」
千年竜(竜+時の魔術師)
紅陽鳥(鳥+炎)           中間体「マブラス」
密林の黒竜王(植物+竜)
サンド・ウィッチ(女性+岩石)
フレイムケルベロス(獣+火)
ダークエルフ(エルフ+闇)
ストーンドラゴン(竜+岩石)
キャットレディ(女性+獣)
パンプキング(アンデット+植物)  中間体「森の屍」
紅葉の女王(女性+植物)



複数出しによる手札廃棄
中盤以降で必須のテクニックです。必要なカードを引くために、いらないカードも選択に入れ、捨ててしまおうというテクニック。 融合できない組み合わせでは若い番号のカードがはじかれ、対応しない強化魔法ではその強化魔法がはじかれます。 
例えば、①~③にいらないカード、④と⑤に融合素材を選択することで、①~③ははじかれ、最後に④に対して⑤が合わさり融合体が出てくる。 そして次のターンは5枚ドローできる。



”守護星”による駆け引き
ゲームボーイ版でいう「魔族の優劣関係」のことです。

太陽  (白魔族)        太陽 →  月
月    (悪魔魔族)     ↑         ↓
水星  (黒魔族)        水星 ← 金星    のような関係です。
金星  (幻想魔族)

火星  (炎)
木星  (森)
土星  (風)
天王星 (土)
冥王星 (雷)
海王星 (水)        こちらも同じように優劣関係が円になります。 上の4つとは無関係です。

優勢である守護星は攻守がその瞬間だけ500アップします。 サイファースカウターみたいな感じですね。

また1体のモンスターには2種類の守護星があり、それを把握してるかどうかで全然違います。

例えば、メテオブラックドラゴン と 究極完全態グレートモス
両者互角の攻撃力ですが、メテオブラックの第一守護星は「火星」です。
一方、完グレの第一守護星は「木星」で、このままだと負けてしまいます。
そこで完グレの守護星を第2にすることで、優劣関係をなくします。(第2守護星は
これで互角となり、相打ちはできるまでに。
しかし、ここで新たなメテオブラックを出すとどうなるか。
メテオブラックの第2守護星は太陽
これにより月を選択した完グレも一方的に倒すことが可能です。
つまり、完グレはメテオブラックに勝てません。




カードの入手方法
デュエルに勝つとランダムで1枚貰える。 しかし、強い人からは強いカードが貰えるかというとそうではない。 ラスボスのランダムカードなんて、クソカードばかりである。
またカードのほかにスターチップも貰える。 1回のデュエルで貰える☆は最大
パスワード:OCGのパスワードを入力してスターチップと交換する方法。しかし、強力なカードは軒並み☆999999個が必要で、まるで使えない機能。
ポケステでのリモコン通信: 家庭のリモコンの赤外線をポケステに送ると何らかのカードがもらえる。カードはリモコンのボタンの数だけ貰える。 一番デッキを強化できる手段。




キャンペーンのキャラクター

まず、こちらの初期デッキは最大攻撃力が900というもの。
なので、攻撃力よりも種族に着目します。(融合しやすいため)

古代エジプト
・シモンムーラン 王子の側近で、カードを教えた師匠? 強さは最弱で、負けることはない。

・アンズ 天使デッキだが、こちらもかなり弱小。

・ジョーノ 凡骨です。

・村人1~3 村人2は地雷蜘蛛を出してくることがあるので、フレイムケルベロスを作って応戦しましょう。

・セト1戦目 たまに暗黒騎士ガイアを出してくる。融合も多用してくるので、こちらも2000に近い攻撃力を作り出す必要がある。

・ヘイシーン1戦目  まず勝てません。負けるとシナリオが進みます。(もし勝ったとしても負けるまで無限ループ対戦。) 完グレ、メテオブラックなどの3000オーバーのものを次々と繰り出してきます。


東京ドーム予選
・ダイナソー竜崎 恐竜が多いので、天王星が中心。荒野を使ってくることがあるので、パンプキングとか作るのも有効。

・インセクター羽蛾 もちろん、虫デッキ。ただしピン刺しでグレートホワイトが入ってるので、火星でも油断禁物。

・孔雀舞 鳥中心なので、土星多し。一番気をつけるべきは、紅陽鳥とペットドラゴン。

・バンデットキース 機械デッキっで、攻撃力は高め。2000以上。デビルゾアも出てくるかも。


決勝トーナメント
ここからは千年アイテムの所持者との戦いです。

・シャーディー 攻撃力は1800程。 まだ苦にならない相手。

・闇バクラ ここからレベルが変わります。まず最大の難関は「ラビリンスウォール」と「千年の盾」。 この2体は双頭の雷龍が苦手とする天王星。 守護星を変えても1レベル強化しなければ突破できない。 また融合で攻撃力が2000を超えるのが当たり前に。

・ペガサス 千年眼の力なのか、こちらの裏側カードは筒抜け。また紅陽鳥やデビルボックスなど、2100で対応できないモンスターがポンポン。そしてごく稀にメテオブラックを出してくる!! 出てくる前に倒しましょう。

・石津ナオミ 強力な海デッキ使いで、海発動中は基本攻撃力が2500。しかし海モンスターは双頭の雷龍のカモなので、実際苦戦しない。 ごく稀にブラックデーモンズ登場します。

・海馬瀬人 手札にはほぼブルーアイズがある強敵。しかし3000オーバーのモンスターを作ることができれば勝利がほぼ確定。 千年ロッド担当。


古代エジプト2
・神官 2000オーバーのモンスターを出せれば普通に倒せます。特徴なし。

・砂漠神官兵 初期フィールドが荒野で、双頭には厳しい事態+ラビリンスウォールがカッチカチ。 神官では最弱の部類。

・大神官マアティス 荒野フィールドながら、ブラマジやらデビルゾアやらまとまりのないデッキ。 大神官中最弱。 でも攻撃力は2500以上が基本。

・海神官兵 双頭でぶっぱ可能。 ただ相手も双頭を出すことをお忘れなく。

・大神官セクメトン 神官兵同様海フィールドなので双頭を出せれば問題なし。

・森神官兵 森フィールドにより、2500越えが基本。フレイムケルベロスでもギリギリです。

・大神官アヌビシウス ここからが本番です。戦い方を見直しましょう。まず、森でパワーアップした完グレをどう倒すかです。 1体にかなりの強化魔法を施すことが理想ですが、相手もレーザーキャノンアーマー等使ってきますので、サンダーボルト等で除去するのもアリ。 しかし魔法を使うと次のターン必ずダイレクトアタックされることをお忘れなく。

・山神官兵 ドラゴン、鳥獣デッキなので、全体的に攻撃力高め。ただ、こちらの双頭も強化されるのでお相子。

・大神官アテンツァ 強力なドラゴンデッキです。メテオブラック、ブラックデーモンズ等をポンポン出してくるので、双頭を2段階強化することが望ましいですね。

・草原神官兵 実はフリーデュエルに最適の人。コイツからもらえるカードには、ブラマジ、スカルビショップ、メテオブラックなど使えるカードが多いのです。

・大神官ケプリア 最強の大神官です。草原フィールドでの「ゲートガーディアン」は鬼畜の一言。 しかも時々「闇の破神剣」を付けてくる始末。 頑張りましょう。


・迷路神官兵 巨大神殿の入り口におり、ラビリンスウォール、3魔神、ゲートガーディアンを出してくる強敵。 また迷路で道を間違えると入り口に戻り、再びコイツと対戦しなければならない。 迷路の道順は、 右、右、左、右。

・セト2戦目 特殊なルートでゲームを進めると対戦できるので、やったことない人もいるかと思います。 最大攻撃力はブルーアイズの3000。

・近衛神官セベクアル 闇フィールドなのに機械デッキ。でもメタルデビルゾアが出てくるのでやはり強敵。 「太陽」のモンスターがいるとラクに倒せる。

・近衛神官ネクベトス 闇で強化されたスカルビショップが最大の敵。時々「闇+闇=闇エネルギー」という融合テクニックも使ってくる。

・ヘイシーン2戦目 来ましたヘイシーン。ゲートガーディアン、メテオブラック、完グレ、ブラックデーモンズといった3000オーバーを当たり前のように出してくる。 フィールドは闇。
1体に強化を集中する以外手はありません。

・セト3戦目 このゲーム中最強の敵。 初手には大体アルティメットが控えています。 アルティメットを倒すのは、双頭なら4回強化しなければなりません。

・カード魔人 セトの後では少し見劣りする相手。3500がMAXです。

・カード魔人真の姿 今度はゲートガーディアン、アルティメットが顕在。コイツを倒せばエンディングです!!





このゲームが難易度MAXな理由

敵のカード読んでて 「こちらもアルティメットとか用意すればいいのでは?」 思ったかも知れませんが、実はかなりの時間と運を要します。

では各強力カードの入手方法を説明。

青眼の究極竜: ポケットステーションの”通信融合”でブルーアイズ3体と究極竜の儀式を融合させる。 ブルーアイズは海馬瀬人から、儀式はセト3戦目か、リモコンから。
はっきり言って、瀬人やセトに勝ちまくることが困難です。しかも当たる確立は何千分の一、何万分の一という単位。 リモコンにたよる他ないでしょう・・。

ゲートガーディアン: ことらも3魔神と儀式を通信融合。3魔神はヘイシーンからって・・。ムリやん。

究極完全態グレートモス: リモコンのみ! 完全に運です。

メテオブラックドラゴン: 草原神官兵とひたすらデュエル! 一応通信融合も可。

ブラックデーモンズドラゴン: パスワードかリモコンから。 これも入手難易度高。

千年の盾、ラビリンスウォール: スターチップ200個で手に入るので、おそらくそれが一番ラク。

メタルデビルゾア: セベクアルから貰える。ちなみに主は600回戦ってやっと貰えました。


このように、強力カードは入手が超困難なのです。
それがこのゲームが難易度MAXな一番の要因です。


え~これ以上掘り下げるとエンドレスになりそうなので、ここらで〆ようと思います!!

最後に主のデッキレシピを公開しま~す。

青眼の究極竜 ×3
ゲートガーディアン ×3
メテオブラックドラゴン ×3
究極完全態グレートモス ×3
ブラックデーモンズドラゴン ×3
青眼の白龍 ×3
メタルデビルゾア ×3
双頭の雷龍 ×3
真紅眼の黒竜 ×3
デーモンの召喚 ×3
サンダーボルト ×3
巨大化 ×3
シャインキャッスル ×3
ハーピィの羽根箒

リバの遊戯王ゲームの歴史 その1

え~、今日全体板で 遊戯王ゲーム の話になったので、それについて書こうかと思います。

いつかは書く予定だったので、まぁちょうどイイかな^^;


まず、私がやった(持ってる)ゲームを以下に列挙。

・真デュエルモンスターズ~封印されし記憶~  (PS)
・真デュエルモンスターズ2~継承されし記憶~ (PS2)
・DM4 城之内編 (GBカラー)
・DM5 エキスパート1 (GBA)
・DM6 エキスパート2 (GBA)
・DM7 決闘都市伝説 (GBA)
・DM8 破滅の大邪神 (GBA)
・エキスパート3 (アサイが入ってたやつ) (GBA)
・ナイトメアトラバドール (DS)
・タッグフォース1~3 (PSP)

以上です。

以下個々について。 ただ、「真デュエルモンスターズ」については特殊なので次回に。
また量が多いので、大雑把に書きます。ご了承下さい。m(_ _)m

・DM4 城之内編

ゲームボーイ系最後のゲームで、最大の特徴はバージョンごとに使えるカードが異なる。
例えば、ブルーアイズは海馬しか使えないなど・・。 また各バージョン固有の「神のカード」が存在する。
大雑把に各バージョンを紹介。

遊戯編
死者蘇生、護封剣などが使え、マジシャン系も遊戯のみ。 神のカードはオシリス。
オシリスの効果は攻撃力UPだったと思うが、多分使うことはないと思う。
ちなみに神のカードは魔法、罠では死なない。
遊戯編の欠点は、罠が使えないこと。 (一応メサイアの蟻地獄があるが・・。)

海馬編
ドラゴン系が使え、サンダーボルトなどの除去が豊富。またマーダーサーカスゾンビを使えるのは海馬のみ。 このゲームの生贄ラインはエキスパートルールとは異なり、生贄なしは 0~1350。
つまり、1350のモンスターが最強なのである。 また「魔族」の概念があり、上級モンスターは使い勝手が悪い。 例)炎の剣士() はアメーバ()に殺されるww
海馬編はベア・トラップという罠カードのみ使用可能。
神のカードはオベリスク。 効果は相手全滅+4000ダメージ!! 多分最強の神。
次のターンでサンダーボルトをすれば、8000ダメージでゲームエンド!!

城之内編
多分一番使いやすいと思います。 最大の特徴は豊富な罠カード。
激流葬・グレイモヤなど使い放題!! そして相手を永遠にパクる「心変わり」が鬼畜!!
また地味なところではグレートモスシリーズが強い。
プチモス→ラーバモス→進化の繭→グレートモス→完グレ と1ターン毎に進化する!
神のカードはラーの翼神竜。 相手のモンスターと墓地をパクる。 ほとんど使わないです。

このゲームの特殊ルール
生贄なしは0~1350。 生贄1体は1400~2000。 それ以上は生贄2体。
罠は1枚だけ伏せられる。 発動は相手の攻撃がトリガーとなり、自動で発動。
場のモンスターに手札のモンスターを重ねると、融合できることがある。例)岩系+戦士系 = 岩の戦士
融合テクニックは重要な要素だが、苦手魔族には注意しなければならない。
最後に最強の1350モンスター達を紹介。
レオ・ウィザード、ディスクマジシャン、ベヒゴン、舌魚、マーダーサーカスゾンビ。

※PS さっきつけてみたら、データ消滅してましたorz


DM5 エキスパート1

エキスパートルール最初のゲームだけあって、動作は遅め。
印象に残っているものとしては、遊戯戦のBGMがよかった気がします。
この頃はまだ1900最強時代だった気がします。

DM6 エキスパート2

え~このゲームは、社長と遊戯がチートなことで有名です。
彼らの初手は5~8割の確率で1キルが完成しています。
遊戯:大嵐で場を掃除。 マグネット3体を墓地に送り、バルキリオン召喚。
    バラして磁石3戦士蘇生。 早すぎた埋葬でバルキリオン蘇生。 計8100。
海馬:大嵐、ブラックホール、デビルフランケン、巨大化 → 死亡。

この二人を止めるには「王宮の勅命」等を引くしかありません。

動作は前作と比べると格段に早くなっています。


DM7 決闘都市伝説

少しRPG風になり、YOのドミノ町の風景もこのゲームから来ている。
ルールはゲームボーイ時代に戻ったが、魔法・罠が5枚伏せれることや、生贄の基準もエキスパートと同じになった。 効果を持つものもいるが、使うと行動終了となる。(GB系では共通)
ラー以外の神のカードが使える。 またGB系共通でデッキキャパシティがあり、頑張らないと強いカードが使えない。 ちなみに主は海デッキを使ってました。


DM8 破滅の大邪神

話すと長くなるシリーズの1つ。
シナリオは天馬太陽こと、ペガサスが大邪神を復活させ世界を破滅させるというもの。
主人公は遊戯とイシズをお供にそれを阻止する。
とにかく、難易度高いです。 まずデッキキャパシティ。 相手を倒しても貰えるキャパは1~5程度。
ラスボス時ですら、攻撃力よりも効果重視をしなければならないほど。
突き詰めれば、神のカードを出すゲームでもあります。(神はデッキコストが0) 神のカードは攻撃以外では死なない(効果を受けない)ので、なんとか生贄を揃えることに重点を置いたデッキ構築をします。
例)トードマスターやリバイバルスライムのような増えるモンスターは使えます。
そして唯一の救いが、ラーの翼神竜~フェニックスモード~ です。
このカードはまともに出すと3体の生贄がいりますが、以下の効果を持っています。

「墓地に置かれた時、バトルモードで復活」
このゲームでは、いつでも手札のカードを捨てることができます。
つまり、このカードを捨てれば場にラー(バトルモード)が出現!!
あとは4000の攻撃力で殴るだけ。

もしフェニックスモードを持っているなら、それを引くまで粘る「守りの構築」を目指すのもアリです。
フェニックスモードはパスワード入力後にマリクの所に行くと入手できます。
まぁ結局マリクまではそれナシでやらねばならないということです・・。
パスワード:51404976

そしてラスボスですが、ペガサスとレシェフの2連戦です。
(儀式モンスターのレシェフはこのゲームから。また儀式カードに映っている人はペガサスです。)

この2人、鬼畜すぎます。 まず神無しでは勝てないでしょう。 かなり運を要します。
そして相手のライフは8000ではなく、10000や30000です。 そしてこちらは1戦毎にライフが回復しません。 つまり、ペガサス戦で残り2000になったのなら、レシェフ戦は2000からスタートです。

この2連戦の初期フィールドは闇なのですが、このゲームのフィールドの恩恵は攻守30%アップです。
つまり強いものほど上昇率が高いのです。 レシェフは秒殺の暗殺者やら女邪神ヌヴィアを出すのだが、彼らはフィールドによって2600となっている。
要は、神に頼るしかないのです。 まぁ生贄揃えるのすら大変ですけどね。

鬼畜カードの例
サクリファイス、心変わり : 一番強いモンスターを奪う。
サウサク : 一番強いモンスターを1000アップさせて奪う。
激流葬 : 相手全滅
大嵐 : 場のカード全滅
護封剣 : 3ターン攻撃不可。(場に残らない)

ラスボスを倒すと、「永遠の間」というのが現れ、闇遊戯やシモンや乃亜らと戦うことができる。 彼らの鬼畜度はレシェフを越えるものです。 しかも勝っても貰えるキャパは20。
彼らには制限カードの概念は無く、強欲な壺3連発なんて当たり前のことです。
そしてモンスターはパクられる前提で出さなければなりません。
ではラーを出せば勝てるか。 一応勝てますが、相手のライフは60000なのです。
ラーですら、15回ダイレクトアタックしなければなりません。
そして神以外のモンスターは激流葬に引っかかるので、ただの紙と考えて下さい。
また神以外で攻撃力が3000を超えるモンスターは絶対に出してはなりません。 サウサクでパクられると、1000アップしたそいつによって神が殴り殺されます。
一番ラクな構築は除去ガジェならぬ、除去ラーです。

神を出すのに手助けとなるカード
・ブラックフレアナイト : 墓地に行くと、幻影の騎士を召喚。
・死者蘇生 : 相手の墓地から1体蘇生。
・ブレインコントロール、心変わり
・マジックランプ、リバイバルスライム等の増殖モンスター

ちなみに心変わりのデッキコストは500です。
これは攻撃力2000のモンスターのコストの約2倍です!
これが使えるのっていったいいつ・・・。



~オマケ ゲームボーイルールで使える生贄テクニック~

エキスパートルールではないDM4やDM8で使えるちょいテクを紹介。
デュエル中の場のモンスターのコマンドは 「こうげき」「しゅび」「こうか」「いけにえ」の4つ。
つまり、生贄をコマンドで行う。これにより、「生贄」にした直後に行動がとれる。
お決まりパターンとしては、 「モンスター生贄 → 直後にブラックホールや大嵐 → 上級モンスター召喚」
これにより上級モンスターで安全にダイレクトアタックできる。




エキスパート3

このゲームいかんせんカード収集難易度が高すぎで、速攻止めました。
覚えているのはそれぐらいです!!!!


ナイトメアトラバドール

まず、マップ上で相手を探すのが面倒だった記憶があります。
あと個人的には立体画面いらなかったかなぁと。 肝心のカード画面が小さい・・。
主はたしかネフスタン使ってました。
これを最後にDS系には手を出さなくなった・・。


タッグフォースシリーズ

え~まず、主は”タッグ”しませんww
CPUはバカなので、シングルデュエルしかやりません。
イベント時の強制タッグにおいても、デミスガイアなどを使い自分1人で終わらせます。
今までの遊戯王ゲームで一番リアルに近い感じがして良かったが、ストーリーモードのやり方がマンネリ化してしまうのが残念。 OCGやYOの試作デッキのテストに使うことが多いです。
またデュエル担当の友達がおり、主がデッキを作って彼に1週間ほど貸すと、帰ってきた時にDPがとんでもないことになっていて、買い物し放題という印象が残ってます。

あとカード変換機というものがあります。
これは1~99枚のカードを投入すると、枚数に対応したカード1枚が出てくるというもの。
99枚に近いほうが強いカードが出ます。 ただ、めんどくさい事この上ない!!




え~、大変長くなりましたが、これでも各項目かなり端折ってます。

次回のPSのやつはかなりマニアックに書きますので、ご用心を(笑)

~以上パート1終わり~


※最後まで読んでくださった方、何かコメントしていただけると嬉しいです。^^
  質問等でも構いません。(・ω・)b
プロフィール

Liverpool8000

Author:Liverpool8000
勝利よりも「楽しさ」を求める。
YO内で会った時は楽しいデュエルをしましょう!


~趣味・特技 一覧~

・スポーツ全般
・欧州サッカー(観戦)
・バドミントン(クラブ活動中)
・007
・麻雀
・料理
・ゲーム(任天堂多し)
・音楽鑑賞


相互リンク募集中です!
よかったらよろしくお願いします><

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
遊戯王ONLINE・ブログ ランキング参加中です。何か1つでも共感できることがありましたら、清きクリックお願いします。m(_ _)m
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。